猫とワタシ

柴犬フクと猫のタラ。

柴犬の女の子フクと猫の弟タラの、気ままな日々です。

この記事のみを表示するありがとう、ジェームス。

フクタラジェームス

以前に一度、リクガメのジェームスの事を書きましたね。
フクとタラとジェームスの三人で、
のんびり日向ぼっこするお話しでした。

そのジェームスが、実は、秋分の日の今日
虹の橋を渡って行ってしまいました。



ジェームスは、私達にとって初めてのペットでした。
15年間、ずっと一緒にいてくれました。
先代のワンコ、リリィを迎えた時も、そして亡くしたときも…
そっと静かに見守っていてくれました。
フクや、タラがどうやって我が家にやって来たのかも、
ジェームスは、みんな知っています。

タンポポといちごが大好きだったジェームス。
声をかけると頭を動かして応えてくれたジェームス。

旅立つときが近くなっても、頑張って私の手から、
茹でたブロッコリーを食べてくれました。

いつものんびりさんだったジェームス。
もう少し、みんなとのんびり過ごしていて欲しかったけど…
とうとうお別れの時がやってきたんだね。

たくさんの思い出をありがとう、ジェームス。
これからは、お空の上からみんなを見守ってね。



虹の橋を渡ったジェームスのお話しでした。
スポンサーサイト

この記事のみを表示するのんびり三人組。

フクタラジェームス

我が家には、フクとタラと、もうひとりの仲間がいます。
Facebookでは何度か登場している、ロシアリクガメのジェームスです。



ジェームスとは、長い付き合い。
一緒に暮らし始めて、かれこれ13年になります。



↑入浴中のジェームス。

生まれた年はわかりませんが、もしかしたら、もう15歳くらいになるのかなぁ?



こんな風にあくびをしたり、くしゃみをしたりして、人間みたいです。

フクもタラも、ジェームスの事をどう思っているのかわかりませんが、
やっぱりちょっと気になるみたいですね。



タラはいつも、ジェームスのケージに入りたがってます。
触ってみたいんでしょうかね~?

ある日、お天気が良かったので日光浴させていると、



タラが覗きに来ました。
ニャーって鳴いてましたね。話しかけてるのかなぁ?

しばらくして、大根の葉っぱを食べているところに、フクもやって来ました。



のんびりムシャムシャご飯を食べるジェームスを見ていたら、
フクもタラも、なんだかのんびりした気分になったみたいで…



お爺さんとお婆さんが孫に目を細めるかのように、
庭のジェームスを仲良く眺めていました(^-^)

本当に、目線の先にはジェームスが居るんですよ♪
あ、フクは寝ちゃいましたけど…



のんびり三人組のお話しでした。