FC2ブログ
猫とワタシ

柴犬フクと猫のタラ。

柴犬の女の子フクと猫の弟タラの、気ままな日々です。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する去勢手術。

キビタロウ

キビタロウが我が家にやって来てから、5か月が経ちました。



はじめの頃は、病院の先生に「少し痩せてるね」と言われたのですが、
今となっては、タラの分までご飯を食べて、ご覧の通り、すっかりポンポコリンです(^-^;



そんなわけで、順調に成長したキビは、昨日ついに、去勢手術の日を迎えました。



↑手術前夜、お気に入りのお魚の形の鍋敷きに乗って、なにやら考え中のキビ。(笑)

キビは、タラと正反対の性格で、誰にでも抱っこOKの、楽天家。
病院で先生に触られても、嫌がるそぶりをほとんど見せないので、こちらもだいぶ気が楽です。



キャリーケースの中でも、そこそこお利口さんにしていました。

お昼前に病院に預けて、夕方お迎えに行って来ました。タラの時もそうでしたが、男の子の場合、すぐに終わりますね。

家に帰って来ると、早速タラのところへ行って、なにやら報告していました。
「ねーねー、なんかぼく、かるくなったきぶんなの。」



タラも、キビの匂いをクンクン嗅いでいましたよ。
「あーなんかわかる…おもいだしたよ、そのきもち。すぐになれるからへいきだよ。」

そのあと、開放感が爆発したかのように、しばらく走り回っていましたが…



気が付くと、タラの隣で安心した様な顔をして、ぐっすり眠っていました。



やっぱり疲れたんですね~。
何はともあれ、無事に済んで一安心です。キビちゃん、お疲れ様(^-^)



タラちゃん、これからも、キビの面倒、見てあげてね☆

去勢手術をしたキビタロウのおはなしでした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。